インターネット

インターネット速度改善 LANケーブル編

2020年9月29日

家のネット回線は光だし、ルーターも最新のものにしたのになぜか速度が出ないって言う人は、古いLANケーブルを使いまわしたりしていませんか?

一般的な家庭では、

 

光コンセント

↓(光ケーブル)

ONU

↓(LANケーブル)

ルーター

↓(LANケーブル or Wi-Fi)

各種機器

 

と言う感じで接続している人が多いのではないでしょうか?

このなかでONUとルーターを接続しているLANケーブルですが、ルーターを新しく買い替えてもこのLANケーブルを古いまま使いまわしている人が多いように思います。

実はLANケーブルには種類があって種類ごとに最大速度が決まっています。

今回はLANケーブルの種類について解説していきたいと思います。

 

LANケーブルの種類

LANケーブルの種類はカテゴリによって分けられています。

カテゴリ 最大速度
CAT5 100Mbps
CAT5e 1Gbps
CAT6 1Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT8 40Gbps

と言う感じです。

5eと6、6Aと7は同じ速度ですが、数字の大きい方が品質が安定し値段も高くなります。

古いルーターなどに付属していたCAT5のケーブルを知らないまま使っているとたとえ最大速度10Gbpsの光を契約したとしてもCAT5の最大速度である100Mbps以上は出ません。

ちなみにカテゴリの確認方法はケーブル自体に印刷されているのがほとんどです。

 

10Gbpsの光を契約したのなら最低でもCAT6A以上、1Gbpsの光ならCAT5e以上のLANケーブルを使うようにしましょう。

ついつい古いケーブルがあると新しいケーブルを使うのがもったいないとなりがちですが、LANケーブルに関してはなるべく新しいものを使う方が無難です。

-インターネット

© 2021 さいとーブログ